ガンダムカードビルダーEST! カナリ!オモロイ→

ガンダムカードビルダーEST

キタ─( ゜∀ ゜)─!!ゲーセンでガンダムカード対戦!ガンダムカードビルダー0079一年戦争編
トップ画面へ ガンダムカードビルダーEST掲示板 ガンダムカードビルダー・攻略レポート トレード・売買レート表(参考資料) Yahoo!オークション(文字バケしてる!?) ガンダムカードビルダーが好きな女!? ガンダムカードビルダーリンク集
 
☆ガンダムCBはお金がかかる☆

☆ガンダムCBより出会い系?☆

☆中四国に住む人へ!☆

★ガンプラ販売★

PROFILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
機動戦士ガンダム第08MS小隊
『機動戦士ガンダム第08MS小隊』モゴモゴ (きどうせんしガンダム だいぜろはちエムエスしょうたい)

1996年から1999年にかけて発売されたアニメ『ガンダムシリーズ一覧|ガンダムシリーズ』のOVA作品である。

作品
初代『機動戦士ガンダム』とほぼ同時期を描いた外伝である。
ほかの作品と比べて、戦場の生々しさを追求した描写が特徴的である。
そこに、理想に燃える青年士官(シロー・アマダ)が主人公として登場することでより戦争の現実が強烈な印象をもって対比されている。
シローは、理不尽な戦いを目の当たりにし、軍務と倫理のギャップに激しく苦しむのである。主軸となるのは、戦場において敵兵同士が愛し合うことは可能なのかというテーマである。
『ウェストサイドストーリー』が現代の『ロミオとジュリエット』であるならば、本作品はまさに未来の『ロミオとジュリエット』であると言えよう。結末が悲劇だったのかハッピーエンドだったのかについてはぼかされたまま終わり、それを明らかにするのがエピローグスペシャルエピソード「ラスト・リゾート」である。

シロー・アマダ アイナ・サハリン

物語

地球連邦軍|連邦軍パイロットのシロー・アマダは地球上のアジア戦線に配属されることになったが、そこへ向かう途中に敵と遭遇し交戦、敵パイロット共々遭難してしまう。 
その敵(アイナ・サハリン)と協力して生還することで彼女との間に交流が生まれるのだが、いざ配属されたアジア戦線ではアイナと敵同士として対峙することになるのだった。
そこにいたってシローは、人間性として当然の倫理を否定する戦場においても敵と愛し合うことも可能だと叫び、それを証明すべく戦うのだった。なお、小説版と映像版では多少物語が違う。
小説版の方が、文字媒体という事もあり表現や物語が生々しい。

兵器
一年戦争において連邦軍が勢いを伸ばし始めた頃が舞台であり、登場する兵器もモビルスーツだけに偏らず、テレビシリーズ「機動戦士ガンダム」に登場した一見奇抜な兵器をもリメイクさせて登場させている。
モビルスーツがあくまで一兵器として扱われるのはガンダムシリーズ全体を通して言える特徴であるが、本作ではその傾向がことさら強い。
特に、主人公の乗機は大抵強力な特別機なのが通例なところを、本作では量産機や改造機を主人公が駆っている。それ以外のメカ描写も細部まで技術考証が徹底された。
一方で、作品中にモビルスーツを登場させる必然性があったためテレビシリーズでは後半(29,30話)に初登場するジム (機動戦士ガンダム)|ジム(連邦軍初の量産型モビルスーツ)が、10話前後に相当する時期に宇宙で配備されていたり、東南アジアに連邦軍の先行量産型モビルスーツ大隊がすでに存在したりと、従来の設定を無視して連邦軍のモビルスーツ配備を大幅に前倒しした作品となった。
「映像化されたものが公式設定」というサンライズの方針により、これ以降宇宙世紀世界では「テレビシリーズではたまたま登場しなかっただけで当時から連邦にもモビルスーツが存在した」というのが公式設定となっている。
敵の最終兵器アプサラス|アプサラスIIIは非常に凶悪であるが、これは外伝のストーリーに花を添える大道具としてはよくあるものと言えよう。

サブタイトル
二人だけの戦争 (1996年1月25日)
密林のガンダム (1996年1月25日)
信頼への限界時間 (1996年3月25日)
頭上の悪魔 (1996年10月25日)
破られた待機命令 (1996年11月25日)
熱砂戦線 (1996年12月18日)
再会 (1997年10月25日)
軍務と理想 (1997年12月18日)
最前線 (1998年2月25日)
震える山(前編) (1998年7月25日)
震える山(後編) (1999年4月25日)
ラストリゾート (1999年7月25日)

劇場版
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート(きどうせんしガンダム だいぜろはちエムエスしょうたい ミラーズ・リポート)は、1998年8月1日に全国松竹系で公開されたアニメーション映画。
『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別編』の同時上映作品。
本作は、OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の1話から8話を再構成し、新キャラクターである連邦情報官『アリス・ミラー』の視点からシロー・アマダの軍歴を監査するという構成となっている。

主要キャスト
シロー・アマダ(声:檜山修之)
アイナ・サハリン(声:井上喜久子)
アリス・ミラー(声:高島雅羅)
カレン・ジョシュワ(声:小山茉美)
テリー・サンダースJr(声:玄田哲章)
エレドア・マシス(声:藤原啓治)
ミケル・ニノリッチ(声:結城比呂)
トップ(声:榊原良子)
コジマ(声:藤本譲)
キキ・ロジータ(声:西村ちなみ)
ジダン(声:永井一郎)
ギニアス・サハリン(声:速水奨)
ノリス・パッカード(声:市川治)


参考文献 Wikipedia
スポンサーサイト
- | 23:20 | - | -

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

je-pu-pu 無料カウンタ